読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nutschang’s diary

32歳のマタニティライフとごはんと日常生活

タイガーのステンレスミニボトルを買いました

定期検診や、ウォーキングを兼ねた散歩を始めてから、若干不便に感じていたことがありました。それは「ちょっとした外出時の水分補給」です。

定期検診は、どんなに時間が短くても3~4時間は掛かります。散歩もあちこち歩いて時には用事を済ませて同じくらい。ちょっとお店で休むというほどでもないのですが、何かしら水分を摂っておきたいなという外出時間でもあります。

とはいえ毎回買うのは高いし、ペットボトルを持ち歩くのは重いし、何よりノンカフェインのものって意外に買いづらいというわけで、久しぶりにこんなものを買ってみました。

f:id:nutschang:20170406120647j:image

水筒です。ケータイマグ…?ミニボトル…?外出中に飲みきれる量が欲しかったので、最も容量の少ない200mlボトル、とにかく軽量小型重視で選びました。届いた箱は本当に小さいです。比較画像として置いたボールペンとほぼ変わらない高さ。

f:id:nutschang:20170406120652j:image

開封してみても小さい!と思います。そして軽い。350ml缶より小さく細いです。タイガーマークも可愛い。

f:id:nutschang:20170406120713j:image

中の構造は本体、蓋、パッキンの3つでものすごく単純です。象印サーモスなどとも迷ったのですが、一番洗いやすいものを選びました。まずは酸素系漂白剤に浸けて、一度洗浄します。最初パッキンのゴム臭さが気になるかなと思っていましたが、一度の漂白で気にならなくなりました。

洗うのも簡単です。ただ口径が少し狭いので、手を入れてガシガシ洗うことは出来ません。私はアクリルたわしを突っ込んでシャカシャカ振るという雑な洗い方ですが、匂い移りも無くスッキリしています。

 

というわけで、早速使いはじめているのですが、買って本当に良かったー!と思っている1品です。買ってからほぼ毎日利用しています。

例えば、病院に行くときはお湯を沸かして、粉末タイプのお茶を投入して蓋をしてシャカシャカ。温かいノンカフェインの緑茶が出先で飲めるという幸せ。先日お花見に行った時は、沸かした熱いお湯をそのままボトルに詰めて持って行き、コンビニで買ったカップみそ汁に注いで頂きました。その他、散歩に温めた牛乳とお湯を1:1くらいにノンカフェインのインスタントコーヒーを入れて簡単カフェラテ。カップスープの素を投入して温かいスープ(出先でパンを買ってご飯にする時にいっしょに頂きました)にしたり。

今まで出先で飲むものといったら、温かい爽健美茶一択だったというのに!こうして色々なバリエーションのものが飲めるというのは幸せです。飲み終われば本体は150gなので、この程度ならば負担にはなりません。鞄にポンと入れられる小ささも魅力です。

出産後はもしかするとミルク作る時のお湯入れにも使えそうだなーと思っています。産前産後通してしっかり使い倒そうと思っています。 

 

牛すじカレー 小さなカレー屋のコスパがやばすぎる件

 

連続で食べ歩きのエントリが続きます。大久保駅からほど近い場所にある、牛すじカレー、小さなカレー屋。なんと今回も「きたなシュラン」のお店です。

 

大久保って新大久保のコリアンタウンには近いんですが、どちらかというとコリアンというよりはネパールやスリランカ、その他アジア各国のお店&昔ながらの情緒あふれるお店が並ぶある意味カオス地帯となっています。道行く人はたぶん外国人の方が多い気がしますし。

周辺にはやたらディープな雰囲気の、でもものすごく美味しい(しかも安い)お店がめちゃくちゃあります。ベトナムちゃんやバーン・タムもそうですし、ご紹介してはいませんがモモや魯珈、瀧元などなど。そういえばもう閉店しちゃったのですが、コッペパンやサンドイッチの木村屋もすごく美味しかったなあ。

 

今回のお店も、そんなカオスな街にぴったりの店構えです。外観写真は撮らなかったのですが、一見でフラッと入ろうとはまず思えないお店です。なんというか、看板が超汚い…。あと店内の様子が外からだとすごく分かりにくい。とはいえかなりの有名店らしく、お昼時は混雑が予想されるので、少し時間をハズした平日の14時頃にお邪魔しました。

 

お店に入ると、まずご主人のいらっしゃーい、という掛け声。初めてだったので店内をキョロキョロしつつ、席に座ります。店内はカウンター10席のみ。外観に比べて内装は綺麗です。台もペタペタしていません。私が入った時間帯は男性客が1人でした。(その後コンスタントにずっと男性の一人客が続いていました。)

席に座ると、さらにいらっしゃーい、の掛け声。あ!これたぶん私に言ってるわ!と気付いて、目星をつけていたメニュー、牛すじカレーの並盛りとコールスローサラダを注文します。

メニューは牛すじカレーの並盛り、大盛り、特盛りの3種類。(お米の量がそれぞれ並盛り400g、大盛りは未確認、特盛りは1kgだそう)トッピングに牛すじ増しや卵(ゆでと生)、豚やイカ焼きがありました。牛すじカレー以外にも、みそ焼きカレーライスなるものもありました。どんなものか気になるなと思いつつ、カレーを待ちます。お水はコップと紙コップからセルフで入れます。スプーンとフォークの隣には福神漬とらっきょうもあり。

 

ほどなくしてやってきたのがコールスローサラダです。千切りのキャベツに、クリーミーなドレッシング、カリカリベーコンのトッピングが掛かっている、私の知っているイメージとは随分違うコールスローサラダです。どんなもんかと食べてみると、これがシンプルなんですがすっごく美味しいです。ドレッシングがシーザーサラダ系で、味濃いめ。キャベツはお皿に山盛りたっぷりです。これをちょいちょいつまみながら待っていると、

f:id:nutschang:20170411224002j:plain

やってきました牛すじカレー並盛り。並盛り…これがナミモリ…。とにかくお皿が巨大です。そこに山のように盛られた米に海のようなルー。別添えでトッピングされた牛すじ。米が400gってことは1合以上ありますよ。普段私一食に多くても100g前後なのに…食べられるのかと若干危惧しつつ、いただきまーす。

f:id:nutschang:20170411223951j:image

うまーい!です。日本人の作った、ザ・日本のカレーです。ルーに甘みがあるのですが、食べると後からじわっと辛いです。野菜はほぼ無い感じですが、相当煮込まれた感のあるジャガイモがチラッと見えていたので、野菜は煮込まれて溶けたとかそういう系でしょうか。大量にごはんがあるのですが、ルーと一緒に食べると進む進む。トッピングの牛すじがよーく煮込まれていてトロットロで、全部一緒に混ぜて食べると幸せな気分になれます。

コールスローサラダをはさみつつ、らっきょうや福神漬で味を変えつつしていると、なんといつの間にか完食しておりました。ご飯も全部食べきれるかなと思っていましたが、ルーの量が丁度良くてルーが終了する頃にはご飯も食べ切れてしまいました…。

お腹いっぱいで大満足です。カウンター席なので、他のお客さんもサッと注文して、食べ終わるとすぐに出ていってしまう印象。長居するところではないなあと食べ終わり次第お店を後にしました。

なんとお会計が、カレー450円、コールスローサラダ50円のまさかのワンコインランチ。このクオリティのカレーとこのボリュームで!ものすごいコスパで恐ろしくなりました。これは人気が出るのも頷けるなあ。

すごくお腹いっぱい、大満足のお昼ごはん(兼夕ご飯)になりました。次はご飯少なめ、牛すじ増しの持ち帰りを頼んでみたいです。美味しかったです、ごちそうさまでした。

牛すじカレー 小さなカレー家

食べログ牛すじカレー 小さなカレー家

昭和なレストランいづみのランチは大人の夢が詰まっている

ようやく安定期に入ったので、ここ最近ウォーキングを兼ねてどこかしらに出掛けています。単独行動出来るうちに行きたいところ(食べたい所…)に行っとこう!という。

今回伺ったのはこちら。新宿三丁目にあるレストランいづみ。この昭和な外観…たまらないものがあります。つわり中食べたい→食べると気持ち悪い→食べられないのループの中、グーグルマップでチェックしていたお店です。その時はやたら定食とかお母さんの作ってくれたごはん系が食べたかったようで。

いわゆる昭和の洋食屋さんです。とにかくランチがものすごいボリュームらしい!というわけで、朝ごはんは野菜ジュースだけにして勇んで出掛けました。

f:id:nutschang:20170406183943j:image

この外観の期待を裏切ること無く、店内も若干こう…。そういえばとんねるずのきたな美味しい店、「きたなシュラン」として紹介されたみたいです。そんな感じの内装です。テーブルのお醤油とかソースの容器が若干ペタペタしている…ような気がすると言えばお分かりになられるだろうか。ちなみに置いてあるテレビがブラウン管でした。

お店はご夫婦で切り盛りされている様子です。キッチンはご主人、フロアは奥様。私が伺ったのはランチタイムが終わる30分前くらいだったのですが、快く通していただきました。

 

ランチのメニューは、日替わりランチ、Aランチ、Bランチの3種類。その他、通しで頂ける洋食メニューが並んでいます。焼肉定食や唐揚げ定食、カツやソテー定食、カレー等など。今回のお目当ては、すごいボリュームだとうわさのランチ定食です。

Aランチはエビフライ、ハンバーグ、クリームコロッケ、サラダにご飯とお味噌汁で800円。Bランチは魚フライ、ハンバーグ、クリームコロッケ、目玉焼き、サラダにご飯とお味噌汁で850円。しばし悩みましたが無難にAランチにしておきました。

 

奥様にAランチと伝えると、調理場からご主人の特徴的な、掛け声?が響きます。なんと形容して良いのか…あいよーとも違う…。注文が入ってから作り始めるため、すぐに揚げ物の良い音がしてきます。お腹空いた。10分ほど待って到着です。

f:id:nutschang:20170406183957j:image

いやいやいや、これは…と登場したランチのボリュームに若干固まりました。何故かライスにカレーまで掛かっているし!(100円でカレーをプラス出来るメニューがあるのですが、特に何も言わなくともちょこっとかけてくれるみたいです。なんというサービス精神)お皿の端っこが欠けているのがきたなシュランぽくもあり。

f:id:nutschang:20170406184010j:image

お皿が大きかったため、若干端っこが切れていたのでもう1枚。左からサラダ、ゆで卵、ハンバーグ、エビフライ、クリームコロッケ、唐揚げ、そして中央には缶詰のパイナップルです。ちなみに揚げ物の下にはスパゲッティナポリタンがみっちりと詰まれておりました。この賑やかさ、完全に大人のお子様ランチです。

 

早速いただきまーす。揚げ物が揚げたてのサックサクで美味しい!です。タルタルと合うなあ。クリームコロッケも唐揚げもサクサク。ハンバーグは肉々しさは無いのですがふわっとしていて照り焼きソースと合っています。一つ一つのクオリティは普通、なのですが揚げたてということと、このお子様ランチ的見た目で倍増しで美味しく感じます。ご飯にちょい掛けしてあるカレーも、お家のカレーというか、甘めで優しい味で美味しかったです。ハムカツまでのっていました。

 

サラダもたっぷり、ナポリタンもみっちり。真上から撮ったので見えないと思いますが、かなり高さのある"盛り"です。一緒についていたお味噌汁はもやしとワカメでした。これもすごく美味しい、というわけではないですがホッとする味です。

全部食べられるかしらと若干不安でしたが、一つ一つが小さめなのでパクパク食べられます。いつの間にやらしっかり完食。デザート代わりのパイナップルが懐かしくて美味しいです。大満足。

店内はランチ営業の時間を過ぎていたのですが、それでもお客さんは結構やって来ていました。そしてみんなAランチかBランチを頼んでゆく…。ちなみに全員男性でした。やっぱりお子様ランチは男性の夢盛り盛りなのでしょうか。

f:id:nutschang:20170406184051j:image

満腹になったのですぐ側の花園神社でお花見。ちょっと曇っていましたが桜が満開で見応えがありました。

f:id:nutschang:20170406184305j:image

来年はどうなっているかなあ。赤子と一緒に桜を見ているのかしら、と思いつつ。すごく懐かしさのある、とても美味しい洋食屋さんでした。いつまでもご夫婦ご健在であってほしいなと思えるお店でした。ごちそうさまでした!ちなみに夕飯は要らないほどにお腹いっぱいになりました。次はB定食もチャレンジしてみたいです。

レストランいづみ

食べログレストランいづみ

シュクリムシュクリのシュークリームは出来たてを食べるべし

少し前に、新宿駅を散歩していたところ、新宿小田急エースに気になるお店が。3月14日に開店したという、シュークリーム専門店でした。

シュークリーム好きとして、これは食べておかねばなるまいよ!というわけで列に並ぶことにしました。実際目にした方は、結構並んでいるように見えるかと思いますが、売っているのはシュークリーム数種類ということ、ケーキほど梱包が大変ではないこと、などからかなり列の進みは早いです。

チラシ片手にウンウンと唸っているうちにショーケースの前に到着。悩んだ時は全種類一個ずつ!ということで、定番のシューシュクリ。クロワッサン生地のシューで作られたシュークロワッサン、そして小田急エース限定の甘酸っぱいクリームの詰まったシューシュクリ、カシスオランジュを買いました。

シュークリームって、本当は出来たてをすぐ、せめてその日のうちに食べるのが鉄則だと思うのですが、ちょっとその日は色々ありまして、食べたのは次の日の朝になってしまいました。

f:id:nutschang:20170328081156j:image

というわけでまずはシューシュクリから。外見がかなり特徴的。

やさしい風合いのシュー生地、弾力のあるモチモチの生地、表面にはクリスピーな極薄のマカロン生地。3層が織りなす食感にときめく、まったく新しいシュークリームです。※クリームの酸味は乳発酵食品によるもので爽やかな風味を表現するために使用しています。税込290円。

とのこと。なるほど3層にもなっているんですね。私には2層くらいにしか見えない…という節穴加減を発揮しつつ、半分に割ってみました。

f:id:nutschang:20170328081212j:image

柔らかめでのクリームですが、割っても流れ出すことはありませんでした。中々バランスの良い硬さです。そして3層のシュー生地ですが…マカロン生地は上の白っぽい割れたところだとして、通常のシュー生地は内側、さらにもう1層もちもちの生地…分からん…と思いつつ頂きます。

クリームがうまーい!です。若干洋酒の効いた大人味。(食べてからしまったと思いました…)甘さは控えめで、卵系というよりはミルクの風味が強いです。そしてシュー生地は…やっぱり、シュークリームは、買って帰ってすぐ食べるのが基本です。

皮のモッチリ感は十分に感じられましたが、メレンゲのクリスピー感が若干弱い…!すぐ食べたらさぞ美味しかったのだろうなあと悔やまれます。しかし、今まで食べてきたシュークリームの中では断然に大人向けだと思います。子供はこの洋酒の風味がどうだろうなあという感じ。

f:id:nutschang:20170328081234j:image

お次はシュークロワッサンです。

やわらかな軽さのシュー生地と、バターの風味豊かなクロワッサン生地が融合。サックリ、ふんわり、クリームがとろ~り。楽しい食感と味わい深さにとろけます。税込290円。

とのこと。クロワッサン生地のシュークリームは初めてです。

f:id:nutschang:20170328081245j:image

 割ってみると、クロワッサン感が出ますね。層になっている…。こちらの生地はシューシュクリがもちカリ系だとすると、ふわサク系。シュークリームではありますが、若干パンのような気持ちもするような…。クリームはシューシュクリと同じものですが、生地が違うと食べ応えや印象がまた違いますね~。デザート感はシューシュクリ、おやつ感はシュークロワッサンかなあ。

 

最後にカシスオランジュだったのですが、次の日に食べたせいか、もう、シューが悲しいほどにぺしょっとしてしまったので、写真はナシです…。

甘酸っぱく華やかなカシスに、ネーブルオレンジの果皮を合わせた大人の味わい。サクサクもちもちの3層仕立てのシュー生地で味わう、新宿小田急エース点だけの"特別なシュクリ"です。税込330円。

中のクリームは鮮やかな紫色。こちらはカスタードではなく、生クリームがベースになっているのかな。カシスの甘酸っぱさ、ネーブルオレンジのに苦味が確かに大人の味わいでした。シューが甘いのでバランスがとれた味です。甘みは確かにあるのですが、酸味が結構強めなのでこれは確かに大人の味かも。シューシュクリとシュークロワッサンの間にカシスオランジュを挟めば良かった…!などと思いつつ。

 

お子様向けではなく完全に大人向けシュークリームだと思います。さすがシュークリームだけを売るお店、3種類とも全て美味しかったです。惜しむらくは当日食べなかったことですね。これほど後悔した朝はありませんでした。シュクリムシュクリのシュークリームは、是非、美味しい紅茶を淹れて、買ってすぐに!食べるのを強くオススメします。美味しかったです。ごちそうさまでした。

シュクリム シュクリ 新宿小田急エース店

食べログシュクリム シュクリ 新宿小田急エース店

ちなみに、各店舗の限定シュークリームが、とんでもなく美味しそうなのです…。

www.chouxcream-chouxcri.jp