読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマクリーム

32歳のマタニティライフとごはんと日常生活

草間彌生展 わが永遠の魂 を鑑賞してきました

f:id:nutschang:20170405234240j:image

もうすぐ開催期間が終わってしまう~、ということで、4月半ばに鑑賞しに行っていた記事を今更ながらにアップしようと思います。

kusama2017.jp

草間彌生さんというと、やはりあの原色の水玉模様が思い浮かびます。そのとにかくお洒落で可愛いことといったら!ヴィトンコラボの財布が今でも欲しいです。そんな女史の画業をこれでもかと詰め込んだのがこのほどの企画展。いそいそと行ってきましたよ。

 

国立新美術館は、同時期にミュシャ展も開催されているということで、平日の昼過ぎに行ったにも関わらず当日チケット売り場は並んでいるし、会場内もかなりの混雑でした。とはいえ、ここはオンラインで当日チケットが買えるので、入場で並ぶことはありませんでした。休日、GWだったらもっとすごかったのではないかな。

f:id:nutschang:20170405235002j:image

会場内は、メインのホールにどーんと、今回の企画展名でもある「わが永遠の魂」たちが並んでいます。これらの大型絵画は2009年から女史が描き続けている連作シリーズです。130点くらいはあるそう。壁面が色彩の海ですよ。圧倒されます。

ちなみに、このホール内だけは自由に撮影可能です。

f:id:nutschang:20170405235117j:image

あーやっぱり、このドット群はほんとうにお洒落だよねえ、可愛いなあ、と思いつつ作品を見ていくと。

f:id:nutschang:20170405235219j:image

顔だったり目の集合体だったり、極彩色の乱舞の中に見え隠れする狂気というか執念というか熱量というかが。見上げながらポカーンとしてしまいました。

私は、草間彌生=オシャレなドットの人、というイメージしか失礼ながら持っていなかったので、今回の作品群を見て初めて、前衛芸術家としての彼女を知ったところです。彼女の作品は、彼女自身の吐露なんだなあとか。

f:id:nutschang:20170405235251j:image

1枚1枚の熱量が恐ろしいほどなんですけど、引いてみるとお洒落だなあと思ってしまうんですよね。

f:id:nutschang:20170405235502j:image

ちなみにかの有名なドットのかぼちゃも開催期間中にみることが出来ます。結構大きいし迫力があるのです。可愛い。

今回、一番並んだのがグッズショップかもしれません。20分くらい待ちで、欲しかった黄色のドットのポストカードは売り切れておりました。それ以外は、人も(ものすごい混んでいる企画展に比べて)さほど多くなかったし、途中でソファがあったりでなかなかに時間をとってゆっくり見ることができました。ベビーカーの子連れ、というか孫と娘と両親かな?とかも多かったです。平日だからかな。

f:id:nutschang:20170405235231j:image

行った時はミッドタウンの桜も満開でした。今は新緑になりつつありますね。企画展は5月22日までの開催です。