シロクマクリーム

33歳の子育てとごはんと日常生活

金蔦、六本木店の福岡炊き肉鍋は超フォトジェニック!

 

海外出張帰りの夫と久しぶりに夕ご飯に行った時のエントリです。私はアジアンとイタリアンが続き、あちらもあちらで中華ばかり食べていたらしいので、本日は和食です。鍋が食べたいねえということで選んでくれたのは、六本木ミッドタウン近くの金蔦です。

 

ここは本店が福岡にあるらしく、炊き肉鍋というオリジナル鍋料理が有名なんだそう。メニューはこの炊き肉鍋をメインとしたコース料理がほとんどです。今回は”九州産黒毛和牛×鹿児島黒豚”博多炊き肉鍋コース、5900円を注文。

内容は季菜、八寸、向付け、炊き肉鍋、御食事、甘味、紅茶、ときちんと会席仕立てになっています。

ところで私、この記事を書くにあたって、ふんわりとした会席の知識しかなかったので名称をググってしまいました…。

allabout.co.jp

私達が通された場所は半個室にもなっていて、接待にも使えそうな感じ。店員さんに注文したい時はボタンを押せばよいというのも好感触です。

 

飲み物はいつも通りノンアルコールで。ノンアルコールというと、大体コーラ、オレンジ、グレープフルーツジュース、ウーロン茶辺りなので、必然的に妊婦の選択肢はオレンジかグレープフルーツジュースだったりするんですよね…。甘いジュースは結構飽きていたので今回はペリエを。夫は焼酎のお湯割りで乾杯~。

f:id:nutschang:20170323142529j:image

早速季菜です。(先付け…?季節の…野菜…?)器に桜がのっているのがお洒落ですね~。こういう場所をデートに選ばれたら女子は弱いだろうな…と思いつつ。あっさとした和風餡の下は胡麻豆腐です。わさびと、粟かな?が良い風味と食感のアクセントになっています。

f:id:nutschang:20170323142538j:image

続いて八寸。季節の前菜です。説明された内容が…すごくうろ覚えで…。揚げ湯葉と甘味噌や、お豆腐といくら、焼き筍、桜羊羹などなど、完全にお酒のアテです。日本酒や焼酎と合うだろうなあと思いつつ。味は甘めなものが多かったかな?どれも美味しかったです。ちなみにこのお皿が!すずがみで!!自由に曲げられる超おしゃれな食器で!私も欲しいとテンションが上がってしまいました。

f:id:nutschang:20170323142555j:image

続いて向付け。蕪のすり流しかな…?うろ覚えですみません。こちらもあっさりとした味で、中にはよく煮込んでとろっとした一口サイズの牛肉が入っておりました。お肉がとにかく美味しいです。次に出て来るメインの期待が高まります。

f:id:nutschang:20170323142604j:image

そして出てきたのがこちら。おおー!インスタ映えするやつー!お店の人も分かっているのか、少し説明をしたら中央のスープが沸くまで少々放置してくれました。私達も早速写真を撮ります。うーん確かにこのインパクトはスゴイ。メガ盛りとかのインパクトでな無く、盛り盛りではないが美しい…。

鍋と一緒に出されたのは、トマト味と塩ベースのタレ2種類と、自家製梅味噌2種類。タレが結構あっさりしているので、甘味や辛味はこちらの梅味噌で調整するとのこと。

肝心のお鍋、お肉の中には、薄切りにした大量の葱とキャベツが入っています。湧いた牛テールスープの中に、お肉と野菜を一緒に一気に入れて、いわゆる野菜いっぱいのしゃぶしゃぶ?とでも言うのでしょうか。野菜はうすーく切ってあるので、ほぼお肉に火が通るタイミングで少ししんなりしてくれます。

クタッとした葱をお肉で巻いて、タレを付けていただきまーす。

お肉がうまーい!葱と抜群に合います。私は最初はトマトのタレで。酸味があってあっさりしているタレが、刺し多めの牛肉とすごく合います。塩ダレも出汁が効いていて良い味です。梅味噌を付けると、ちょっと味が濃い目になって、かつ甘みが加わります。これも美味しいです。とにかく野菜がたっぷりなのであっさり食べられるんですよね。これは女性客が多かった理由も頷けるなと。

 

牛肉の後は鹿児島黒豚です。これも脂がのっててうまーい!です。葱と豚の組み合わせってなんでこんなに美味しいのでしょうか。こちらは塩ダレが合っていました。山盛りあったお肉と野菜が、スープに入れるとしんなり少なくなってしまって、これ一皿で満足出来るのか?と思いつつ食べていましたが、最終的に私は途中でギブアップしていました。結構なボリュームです。

 

その後、少々待ってきね打ちうどんが登場。これを野菜と肉のうまみが凝縮した先ほどのスープで煮込み、温まったところで黒胡椒をたっぷり挽いてすすります。

いやーこれが、最高です!あっさり!でも出汁の味が染み込んでいて美味しい…。平麺で、つるっともちもち、シコシコしていて、煮ても結構な弾力を保っています。お腹いっぱいになりました。

 

そして最後は、デザートとお茶が待っているのですが…途中から待てども待てどもやってこず…。お客さんが多いのか、はたまたデセールが丁寧なのか、その日が食事時間を2時間ほどに設定して六本木ヒルズで映画を見る予定だったので、泣く泣くデザートはお断りしてお店を後にしました。

出る時に黒いお皿に綺麗に盛り付けされたお皿が何個かあったな~、食べたかったなあ。たぶん1組ずつ作るのではなくて、何組分かまとめて作るシステムなのかな。

こちらのお店はゆったり、2時間半くらいの滞在で見ておくと良いかもしれません。

何はともあれ、とても美味しいお鍋でした。ごちそうさまでした!

金蔦 六本木

食べログ金蔦 六本木